アレルギー 防ダニ 布団

アレルギーで防ダニ布団を選ぶときの選び方

アレルギー体質の方に!防ダニ布団は熱がこもらないものが良いですよ

アレルギー体質の方に!防ダニ布団は熱がこもらないものが良いですよ布団に入ると鼻水やくしゃみが出る
アレルギー体質の方に!防ダニ布団は熱がこもらないものが良いですよ寝て起きると見慣れないポツポツした湿疹
アレルギー体質の方に!防ダニ布団は熱がこもらないものが良いですよアトピー持ち・喘息

 

これらの症状は辛いですよね・・せっかく布団に入ってさあ寝ようとしても鼻水がズルズル出てしまっては熟睡もできません。
寝ておきたら小さいポツポツしたものがあって痒い場合は、ダニに食われています。

 

布団の防ダニ対策として「洗える布団」が良いという人もいますが、布団を洗うのが大変なのでそう頻繁には洗えませんし、乾かすのも一苦労です。水に濡れた布団は本当に重たくて干すのも辛いです。
洗える布団は、実は表面は乾いているように思えても、芯の部分はしっかりと乾いていないことが多いそうです。
そうなると、逆にダニを繁殖させてしまう可能性があるそうなので、良いとはいえないですね。

 

それに、アレルギー体質の方は花粉にも反応する人もいます。
濡れた布団を外に干すと、花粉が布団に付着して逆にアレルギー反応が強く出てしまう場合もあります。

 

アレルギー体質の方に!防ダニ布団は熱がこもらないものが良いですよ

防ダニ布団ってどんなものを選べば良い?

アレルギー体質の方に!防ダニ布団は熱がこもらないものが良いですよ

防ダニふとんは色々ありますが、ダニが繁殖する環境は
・温度が25度
・湿度が65〜75%

 

布団をおひさまに干すと、夜になってもぽかぽかあったかいですよね。
あったかいだけならまだ良いのですが、寝ている間に寝汗などで湿気が高くなっていくと、ダニにとって好都合な環境を作ってしまうことになります。
人は、一晩に約200cc〜1リットルの寝汗をかくと言われているので、相当の湿気がたまっていくことになります。

 

アレルギー体質の方に!防ダニ布団は熱がこもらないものが良いですよ

布団は「熱がこもならないもの」を選ぶことが重要!!

 

アレルギー体質の方に!防ダニ布団は熱がこもらないものが良いですよ

通気性が良く、熱がこもらない布団は「わた」の方向がポイント!

どうしても、布団は熱がこもりやすいものです。
それは繊維の流れが全て「横」方向だから。

 

アレルギー体質の方に!防ダニ布団は熱がこもらないものが良いですよ

「雲のやすらぎ」という防ダニに優れた布団は、5層構造になっています。
その5層のうち、上から2番目と4番目に「アルファマット」という凸凹のマットをつかっていますが、このマットのわたが垂直方向に作られているので通気性がズバ抜けています。

 

汗が芯の部分に到達する前に蒸発してしまうので、もともと防ダニ加工はしてありますが、更にその威力を発揮する構造になっています。

 

通気性が良いだけではなく、布団の中の温度を調度良い温度で調整してくれる高級羊毛によって、熱が逃げすぎてしまうこともなく、冬は暖かく、夏は涼しく。
睡眠の質も上げてくれる布団です。

 

 

 

 

アレルギー体質の方に!防ダニ布団は熱がこもらないものが良いですよ

アレルギー体質の方に!防ダニ布団は熱がこもらないものが良いですよわたの方向垂直。抜群の通気性で汗がこもらない
アレルギー体質の方に!防ダニ布団は熱がこもらないものが良いですよテイジンのポリエステル中綿でダニを寄せ付けない
アレルギー体質の方に!防ダニ布団は熱がこもらないものが良いですよ最近の繁殖を抑える防菌加工
アレルギー体質の方に!防ダニ布団は熱がこもらないものが良いですよ様々なパッチテスト試験で安全性を確認
アレルギー体質の方に!防ダニ布団は熱がこもらないものが良いですよ「湿度は低く、保温性は高く」相反するものを両立

 

>>アレルギーに良い布団は理由があった<<