ウォーターサーバー

超軟水なので、赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲むことができますよ。
北アルプスの天然水を分子レベルで磨き上げています。

アルペンピュアウォーターが人気!

水について

どんなお水?

アルペンピュアウォーターの水

「アルペンピュアウォーター」で扱っているお水は北アルプス連峰に降り注いだ雨や雪がとけ地中にしみこみ、自然のフィルターでろ過され、やがて湧水として湧いた水を原料としています。

そのおいしい水を採水地(長野県大町市)近くの工場で何重にもろ過し、磨き上げているのです。

この水は分子がとても小さい「超軟水」と呼ばれています。

よって、体に吸収されやすいのです。したがって新陳代謝がよくなり、老廃物をスムーズに排出してくれます。

内臓に負担をかけないので、体にやさしい水といえるでしょう。

純水なので、溶解率が高いので栄養成分を壊しません。
ですから、赤ちゃんのためのミルクつくりにも最適なんですよ。

妊娠中のママや授乳中のまま、術後やアレルギー体質の方にもぴったりです。

アルペンピュアウォーターの硬度は1.05です。
一般的に軟水と呼ばれているものは100以下です。
ちなみにエビアンは297、ほかの天然水は100前後だそうです。

この水は限りなく純粋に近いんですね。

お水を飲むことは体にとってもいいんですよ。

京都大学の名誉教授、医学博士の川端愛義先生によると、良い水は体のなかの有害物質や老廃物を流し、消化機能を整える整腸や解毒作用があるといいます。

他にも、栄養補給動脈硬化予防鎮静効果も挙げています。

さらにそれらの相乗効果で美肌効果もあるそうです。

水ですからもちろん副作用もありません。

積極的に水を摂取して健康にそして美肌になりましょう。

→→→サーバーがあるとこんなに便利です。

どうやって作っているの?

水の製造方法

@北アルプスの天然水を採水地の近くで研磨

採水地は長野県大町市です。
この近くに工場があり、厳正なる方法でろ過し分子レベルで磨き上げているのです。

Aろ過

天然水ですからもちろんそのまま飲んでもおいしいのですが、10ミクロンフィルターでまずろ過します。RO処理効率を上げるために15〜30度にしています。

その後、活性炭ろ過します。これで臭気や色度を取り除きます。

最後に、ヒューセルフィルターでまたろ過します。

BRO膜純水装置

アメリカ航空宇宙局であるNASAで開発されたRO膜純水装置で分子レベルにまで磨き上げるのです。
1000分の1ミクロンという本当に想像もできないような小さなサイズのフィルターを使ってろ過します。

浄水器などでは取り除けないようなダイオキシンや金属、ウイルスも除去できるそうです。

安全な水を作り出しているのですね。

Cオゾン・セラミックフィルター

RO膜純水装置の後はオゾン処理で殺菌消毒します。
そのあとまたセラミックフィルターで最後のろ過をします。

D全自動充填

クリーンルームで全自動充填が行われます。
使用されているボトルは、使い終わった後は無料で回収され、洗浄、殺菌されまた使用できるようになります。


Copyright (C) アルペンピュアウォーターが人気! All Rights Reserved.